リフォームローンはどこで組むべきか?

リフォームローンを提供してくれる金融業者にはバンク系と、ノンバンク系がございます。

 

何をもって銀行とするかは、やや難しいのですが、銀行、信用金庫、労働金庫、農協などが貸し手になることが多いのです。

 

銀行というのはある意味「金融の優等生」です。預金というお金を流させる「元手」を持っていますし、銀行は政府が経済を混乱させない為に手塩にかけて面倒を見てきたのが日本の金融事情です。

 

銀行は、全体的に金利がお安めのサービスが多く、信用性が高いという利点がございます。ただし「優等生」である分「お客様を選ぶ目」は厳しいという属性がございますのでご注意くださいませ。

 

またノンバンク系の代表は、信販会社です。有名なのはオリエントコーポレーションですね。カードの発行元でもあります。利率などは若干銀行系に劣る部分がありますが、普段からこうした企業のカードのユーザーの方は、安心して使えるでしょう。

 

あとは工務店やリフォームに必要な器具をそろえる業者さんが、金融業もかねて、融資をしてくれることもございます。

 

また、銀行との仲介も場合によってはしてくれますので、ローンを組みたいなと思ったら、担当者に相談してみてください。お相手も商売のチャンスをゲットできるか否かのポイントですから、親身になって話を聞いてくれます。

 

迷った時はパンフレットをもらってきて頭金がいるか、保証人が要るか等の各事項を確認して、幾ら借りたら楽になるかをシュミレーションしてみましょう。

 

 

 

<< リフォームとは │ トップページに戻る │ バリアフリー >>