リフォームとは何か?

あなたは、リフォームという言葉、何語か御存知ですか。

 

「英語でしょ」という方、残念ながら不正解でございますよ。

 

音はカタカナでも、実は日本生まれの和製英語です。

 

海外に行ってもリフォームでは通じないのです。

 

Redecorationなど改装するという言葉ならば通じます。Renovationが使われることもございます。日本でもリノベーションという言葉よく聞くようになりましたね。

日本の住宅の平均寿命

日本の家は実は諸外国の中では大変やわな部類に入ります。

 

平均寿命はどれぐらいと思いますか?

 

26年。たったの26年です。人間でしたら若死にです。

 

何故こういう事が起きるかと申しますと、高温多湿の国なのに、西洋方式の密閉性の高い家屋を建ててしまったためカビや老朽化が早い事があげられます。

 

また、バブル期に適当に、本当はそれだけの価値が無い素材を使ってバンバカ「高級マンション」を建てたことが原因という説がございます。

 

あ、マンションもまたつかってはいけない言葉です。「大豪邸」という意味ですから。日本の集合住宅は「アパートメント」です。まあ、中にはぼろアパートを「マイキャッスル」とおよびになる方もおいでですが。

リフォームと立替の違い

リフォームと建て替えは、法令の規制が異なります。一般的に言われていることは「元の家の構造物が残っていればリフォーム、すべて取り払うと建て替え」だそうです。

 

作業内容も障子やふすまアルミサッシの張り替えなど「プチリフォーム」から、間取りの改変等大がかりな物、様々です。

 

工務店の方と相談しながら、ローンを上手に利用して大事な「お城」を生まれ変わらせましょう。

 

 

 

<< │ トップページに戻る │ どこで組める >>